がん治療|癌と戦う最先端の免疫療法とは?

Share on Facebook
LINEで送る

http://www.anktokyocancer.or.jp/plan/

癌治療と聞くと、皆さんはどんな治療法を思いつかれるでしょうか。
現在では、さまざまな治療方法が開発されています。

従来から行われている治療法といえば、
【手術療法】
・ 癌に侵された臓器、またリンパ節や周辺組織などに転移している場合、一緒に切除を行なう。
・ 病巣を一度に切除することができるので、完治の可能性が出てくる。
・ 問題は、術前検査などで発見されていなかった微小転移や、メスなどを入れることができない部分への治療には適していない。
【科学・薬物療法】
・ 抗がん剤により、微小な転移の治療にも適しており、癌細胞の死滅や増殖抑制などの効果がある。
・ 問題は、抗がん剤投与による健康な細胞や、肝臓や腎臓などへの障害が起きることがある。
【放射線照射療法】
・ 癌に侵された組織や臓器などに、放射線を病巣だけに照射することにより、癌細胞を死滅させる。
・ 問題は、放射線による障害(皮膚や粘膜の炎症、脱毛やめまいなど)の発生が起きることがある。
などは、治療効果もあるが副作用も起きてしまいがちです。

しかし、新日本橋石井クリニックの【ANK免疫細胞療法】は、患者さんの血液中に存在しているが、活動が低下している (NK(ナチュラルキラー)細胞)を、体外で増殖活性化を行ない、それを体内に戻すことにより、癌細胞を攻撃させる治療法です。
そのため、副作用が起きにくいうえに、他の癌治療とも併用することが可能です。
もし皆さんの身近な方が、癌と診断され治療法をお探しなら、新日本橋石井クリニックへ相談するのはいかがでしょうか。
それが癌の完治への第一歩に繋がりますよ。